今年度の研修会

本学会では、毎年4月29日(祝)、11月3日(祝)、2月11日(祝)を軸に調整し開催しています。

第56回研修会

第56回研修会情報を下記のとおり行いますので、是非ご参加ください。

「貧困という事が子どもたちに与える影響~僕たちの氾濫~」

講師:
特定非営利活動法人NGO未来の子どもネットワーク
代表理事 かさい ひろこ 先生
日時:
平成31年2月11日(月・祝)13:30~16:30(受付12:30~)
場所:
筑波大学 東京キャンパス文京校舎 地下1階多目的講義室
東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅下車  徒歩3分
参加費:
会員…1,000円,非会員…3,000円
学生参加 可 会員…1,000円,非会員…2,000円
協賛:
放送大学東京文京学習センター

 貧困の子どもに特化した居場所に来る子どもたちの多くが、「夢なんかねぇ!」と言います。そんな子どもたちの様子を、正確に皆様に話し、伝え、聞いて頂き、貧困の中で生きる事が、どれ程この子どもたちの心や人格に影響しているのか?していくのか?考えて欲しい研修です。
 子どもの貧困は、これからの日本の大きな問題となっていきます。「夢なんかない」と云うこの子たちへの支援の有り方が見つかれば「未来はない」から「未来はある」に変化できるかも知れません。

※この研修は学校心理士資格更新の際のポイント(B1種)として申請中です。
※学校心理士のポイントを希望される方は,研修会の遅刻・早退は原則認められません。
※事前参加申込はございませんので、当日会場までお越し下さい。

会場までのルート
より大きな地図で 筑波大学東京キャンパス文京校舎 を表示

第55回研修会

第55回研修会情報を下記のとおり行いますので、是非ご参加ください。

「特別な『支援』から『共生』への道~自尊感情と関係性を育むクラスづくり~」

講師:
筑波大学附属大塚特別支援学校 地域支援部長 安部 博志 先生
日時:
平成30年11月3日(土・祝)13:30~16:30(受付12:30~)
場所:
筑波大学 東京キャンパス文京校舎 地下1階多目的講義室
東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅下車  徒歩3分
参加費:
会員…1,000円,非会員…3,000円
学生参加 可 会員…1,000円,非会員…2,000円
協賛:
放送大学東京文京学習センター

 「私はOK!,あなたもOK!」こんなふうに互いを了解し合えるクラスには、いじめや不登校などが極端に少ない。いっぽう、ケースへの“特別な支援”は『いたちごっこ』に陥りやすい。支援教育の充実と共生社会の実現への鍵は、こうしたクラスづくりにある。
 本研修会では、子どもを成功体験に導き自尊感情や関係性を育むための具体的で実践的な支援方法や教材教具を紹介します。明日から教室で使えるアイデア満載です。乞う、ご期待!

※この研修は学校心理士資格更新の際のポイント(B1種)として申請中です。
※学校心理士のポイントを希望される方は,研修会の遅刻・早退は原則認められません。
※事前参加申込はございませんので、当日会場までお越し下さい。

会場までのルート
より大きな地図で 筑波大学東京キャンパス文京校舎 を表示

第54回研修会

第54回研修会情報を下記のとおり行いますので、是非ご参加ください。

「学校現場におけるオープンダイアローグの可能性」

講師:
筑波大学教授 斎藤 環 先生
日時:
日時:平成30年4月29日(日・祝)13:30~16:30(受付12:30~)
場所:
筑波大学 東京キャンパス文京校舎 地下1階多目的講義室
東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅下車  徒歩3分
参加費:
会員…1,000円,非会員…3,000円
学生参加 可 会員…1,000円,非会員…2,000円
協賛:
放送大学東京文京学習センター

 フィンランドで開発された「オープンダイアローグ(以下OD)」は、近年急速に注目を集めつつある統合失調症急性期のケア技法である。実際には、統合失調症に限らず、うつ病や依存症、ひきこもりに至るまで、その適用範囲は多岐にわたり、きわめて良好な治療成績を上げている。本講演は、ODの基本的手法を解説するとともに、ワークやロールプレイを通じて、対話に潜在する可能性を体感してもらうことを目指すものである。

※この研修は学校心理士資格更新の際のポイント(B1種)として申請中です。
学校心理士のポイントを希望される方は,研修会の遅刻・早退は原則認められません。

会場までのルート
より大きな地図で 筑波大学東京キャンパス文京校舎 を表示